アラフォー男のうつ病闘病記

アラフォー男性のうつ病闘病記です。病気のこと、気になったこと、趣味についていろいろと語っていきたいと思います。おっさんと言っていい年齢の男の復活劇(になるはず)なので、良ければ読んでいってください。

本を執筆してからの変化

明日の光: うつ病、トラウマの克服まで (メンタルヘルスノベルズ) 作者:山戸 翔 発売日: 2020/06/02 メディア: Kindle版 私は以前まで、母を実弟に殺害されたトラウマを引きずって生きてきました。 また、うつ病も併発し、何度も自殺未遂を繰り返し、入院す…

自由にならない心

私は鬱は脱しましたが、トラウマからは逃れられません。 ふとした瞬間にスイッチが入ってしまいます。 今日がまさにそうでした。 やり場のない、誰に向けているのかもわからない、無茶苦茶な憎しみの感情が噴出してくるのです。 原因はわかりません。 何がト…

私のうつ抜け

私は現在うつ抜けと言える状態にあります。 それというのも、手記を執筆してから変わりました。 ⇩これがその著書です。 www.amazon.co.jp 読んでいただけるとわかると思いますが、私は犯罪被害者遺族です。 統合失調症を患った実弟に母を殺されました。 事件…

再度、以前の病院へ

明日の光: うつ病、トラウマの克服まで (メンタルヘルスノベルズ) 作者:山戸 翔 発売日: 2020/06/02 メディア: Kindle版 本日は、提出していた手記の原稿を受け取りに、依然通っていた精神科の総合病院に通院しました。 元主治医と再会し、談笑をしたのち本…

リワーク

リワーク 先日リワークプログラムに初参加してきました。 運動プログラム。 軽い運動をするプログラムなのですが、これが結構キツい。 療養で運動することが全くなくなっていた私には、なかなか手ごたえのあるものでした。おかげで今は筋肉痛です。 スッキリ…

人生の残り時間

人生の残り時間 皆さんは自分の人生の残り時間を気にして生きたことがあるでしょうか? 私はありません。 恐らく皆さんもそうではないでしょうか。 普通に生きていたら、自分があとどのくらいで死ぬかなんて考えませんよね。 私の妻の母は、あと5年持てばい…

今後の方針

今日は新しいクリニックに二度目の通院日でした。 体調は好調で問題ない事、妻の母が末期がんを宣告された時にフラッシュバックが起こったことなどを主治医に告げました。 主治医からは、トラウマに関する症状は薬ではどうにもならないため、カウンセリング…

手記 裁判

裁判 2018年9月。 私は休職期間に入っていた。 間違いなくうつ病を発症していたであろう私は、何もかもが面倒になり、今までやっていた趣味も、日常生活にも支障をきたすようになり、寝込む日々が続いた。 そんなさなかの9月某日。 私の電話が鳴る。 …

パニック

パニック 昨日妻から、妻に母が末期癌であることを伝えられた。 3年後生存率は20%。 つまりほぼ死んでしまうことになる。 「母が死ぬ」 これは私にとってトリガーだった。 トラウマの引き金が引かれる。 日常が途端に非日常になる。 安心できていた世界が…

手記 最初の自殺未遂

最初の自殺未遂 2018年7月1日。 私は異動先に初出社した。 汚い、古びた建物、活気のない雰囲気。いやな予感しかしなかった。 中に入り、部長に挨拶をしてから、一通りの社員に挨拶をして回る。 正直な感想は「なんてレベルの低い事業所だ・・・」だっ…

手記 葬儀

葬儀 通夜が終わり、夜が明けた。 この日もすがすがしい春の陽気であった。 その日の朝は、葬儀場のロビーのラウンジでコーヒーをすすりながら、タバコを吹かしていた。 「禁煙が主流になっているのに葬儀場には喫煙スペースがいくつもあるんだな・・・」そ…

不安

不安 今日妻の母が末期がんであることが宣告されました。 外陰部の癌です。 大変珍しい癌であり、ステージ4ということもあって、3年後生存率は20%。 覚悟をしておいた方がよいという事です。 私としては、冷たいようですが、そこまで悲しむほどの事ではな…

手記 通夜

著書として出版しています。下記のリンクからよろしくお願いします。 kindle unlimited会員の方は無料でお読みいただけます。 また、ブログのヘッダーに広告を貼ってありますので、そこから飛んで登録していただいてもよいかと思います。初回30日間無料な…

現場検証

著書として出版しています。下記のリンクからよろしくお願いします。 kindle unlimited会員の方は無料でお読みいただけます。 また、ブログのヘッダーに広告を貼ってありますので、そこから飛んで登録していただいてもよいかと思います。初回30日間無料な…

手記 警察編

著書として出版しています。下記のリンクからよろしくお願いします。 kindle unlimited会員の方は無料でお読みいただけます。 また、ブログのヘッダーに広告を貼ってありますので、そこから飛んで登録していただいてもよいかと思います。初回30日間無料な…

手記を公開していきます。まえがき・病院編

著書として出版しています。下記のリンクからよろしくお願いします。 kindle unlimited会員の方は無料でお読みいただけます。 また、ブログのヘッダーに広告を貼ってありますので、そこから飛んで登録していただいてもよいかと思います。初回30日間無料な…

Twitterでのフォロワー数

<Twitterでのフォロワー数> 今現在、私のフォロワー数は2975人です。 もうちょっとで3000人。 でもデメリットも感じています。 結局のところ、積極的な絡みのあるフォロワーさんは十数名、あとは見てくれている見る専門のフォロワーさんでしょうか…

SNSでの本名公開論について

先日のテラスハウスの一件以来、SNSで 「本名を公開すべきだ!」 「責任を持つために顔写真も公開すべきだ」 「見えないところに隠れて人を誹謗中傷するな」 といった意見を散見します。というか多いです。 まぁ正論です。概ね正しいこと言ってると思います…

5月総括

<5月総括> 6月に入りましたので、5月を振り返ってみようと思います。 5月が穏やかな日々が続いていました。 特に体調を崩すこともなく、鬱に陥る事もなく。 しかし抗うつ薬を切られたことによる離脱症状に若干苦しんでおります。 5月の調子が良かった…

うつ病との付き合い方

<繰り返すうつ病> うつ病はとても再発しやすい病気です。 「やった、治ったぞ!」「うつ抜けしたぞ!」 そう思っても繰り返してしまうのがうつ病の怖いところです。 気は抜けません。 回復して、いざ職場に復帰したとしても、以前と同様の行動、働き方はで…

トラウマとその克服

<トラウマとその克服> 私は大きなトラウマを抱えていました。 母を弟に殺害されたという経験です。 これが心的外傷として大きく私の心に傷として残りました。 今は克服できたと思っています。 今回はその克服するまでの道程と、心的外傷、トラウマについて…

精神障碍者が罪を犯すとどうなる?

今回は精神障碍者がもし犯罪を犯してしまった場合どうなるのか?と言ったことを、私は実際に母を統合失調症の弟に殺害された経験がありますので、自分の実体験も交えつつ記事にしていこうと思います。 目次 <精神障碍者が罪を犯した場合> <責任能力の有無…

任意入院のすすめ

<任意入院のすすめ> 下記のツイートをしたところ、かなり人数からの反応があったので、この記事を書いています。 画像のツイート内容の通り、うつ病を患って退職、休職をした場合 ・経済的困窮 ・自分の置かれた立場 ・休職、退職 色々な要素が合わさって…

うつ病の実態と自殺について

うつ病の実態と自殺について <うつ病とは?> うつ病の罹患者数は、現在確認されているだけで100万人を越えます。その他の精神疾患で心療内科、精神科に通院、入院している人も含めれば約400万人に上るのです。 自殺者数が2万人から3万人前後で推移する中、…

日本の心理カウンセリングの実情

日本の心理カウンセリングの実情 日本日現在どのくらい心理カウンセラーがいるかご存じでしょうか? 日本心理学会に加盟している心理カウンセラーの人数は7000人ちょっと。 年間総予算は3億円程度。 7000人ちょっと、予算たった3億円です! 日本の人口は1億2…

うつ病で休養しましょうは難しい!

うつ病で休養しましょうは難しい! うつ病にかかると、医師から十中八九、というか十、「今はゆっくり安静にして休養しましょう♪」なんて気軽に言われます。 確かに休養は大事です。心身ともに休養することはうつ病寛解の最も重要なことと言えるでしょう。 …

うつ病と躁転状態

うつ病と躁転状態 うつ病は、気分が落ち込み、何もやる気が起きない、興味関心が薄れると言ったネガティブな要素が目立ちますが、この逆が躁状態です。 躁状態とは、異様なまでに気分が高揚し、突き抜けてハイテンションになり、すぐに怒ったりしてしまう状…

生きよう

今の私はうつ病を患いながらも、おそらくは回復期と言える状態にあるのだと思う。 だが以前は違った。2年前の春、統合失調症を患った弟に母を殺されたあの日から私の絶望の日々が始まった。 それまで当たり前だった価値観、世界観が全て覆されるような、破…

私のうつ病の初期症状

今回は私のうつ病の初期症状をご紹介したいと思います。今思えばものすごい体調だったなと改めて思うのですが、うつ病の方も、そうでない方も、一人の患者のケースとしてお読みください。うつ病の方なら共感できる部分もあると思います。そうでない方も、う…

最後の通院日

本日は今通っている病院の最後の通院日でした。 来週からは別のクリニックに移ります。 主治医と今の体調について、調子がいい事について談笑しながら面談をしていました。 それは問題なかったのですが、前回述べたようにわたくし、出版していたのです。 闘…